双方向のデータ交換

Domo feature - Integration studio ETL

双方向のデータを活用してより効果的に

Domoのオープンな設計を利用し、Domoをハブとしてあらゆるシステムと接続すれば、ユーザーがデータに基づいて即座に行動できるようになります。

新しい方法でシステムに接続

Domoの双方向アーキテクチャを利用して全てのシステムを接続することで、システムのユーザー全員に包括的なインサイトと実用的なデータを提供できます。様々な手動オプションや自動オプションを活用し、Domoから各種のシステムにデータを戻すことができます。

Domo feature connector systems tiles Domo feature connector systems tiles
  • 手動でデータセットをエクスポート: 手動でデータセットをエクスポートできます。単純なデータセットのエクスポートであれば、クリック数回でデータファイルを.csv形式や.xlsx形式でエクスポートできます。
  • ODBCドライバーを利用: データベースの接続にODBCを既に使用している場合、既存のドライバーを使用してDomoのデータにアクセスしたり、Domoにデータを送信したりできます。
  • Domo APIエンドポイントの呼び出し: API経由でDomoのデータのエクスポート、取り込み、クエリ、管理を行えます。
  • 双方向コネクターを利用: Domoは最も一般的なクラウドストレージソリューション用のコネクターを提供しているため、すぐに利用を開始でき、ジョブをスケジュール設定したり監視したりする必要もありません。
  • Domo API SDKで独自のフローを作成: Domoのアプリ開発キット(SDK)を使うと、RESTful APIや.NETなど、様々なオプションを利用して、一括データ抽出を実行したり、Domoのデータをクエリしたりできます。
  • サードパーティ対応のためのカスタマイズが可能なSDK: 必要なコネクターがない場合は、DomoのSDKを使用して 独自のコネクターを作成できます。

"Domoでどの程度まで当社の他の様々なアプリケーションに接続できるか、それが重要です。アプリケーションの動作を調整するには、アプリケーションからDomoへの接続だけでなく、その逆も大事です。"

Joseph Puthussery氏 | マーケティング、デジタルマーケティング担当バイスプレジデント

Domo feature integration studio connectors ETL menu

Domo Integration Studioでタスクを簡単に可視化して実行

Integration Studioなら、選択するデータエクスポートオプションにかかわらず、簡単な方法でエクスポートを設定できます。また、統合クラウドのあらゆる要素を管理するためのツールも用意されています。

"他のソリューションではデータソースを組み合わせることはできるものの、プレゼンテーション層が依然として非常に分析的で、Excelのピボットテーブルのような性質を持っています。Domoなら、最先端の機能を利用して、見やすく視覚に訴える構造でデータを示すことができます。"

Domo feature bi-directional connectors

双方向コネクター

Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Storage、Box、Microsoft Azure Blob Storageなど、幅広いサービスに合わせた構築済みのAPI双方向コネクターを提供しています。

Domoの開発者向けサンドボックスをお試しください。

独自のデータ交換ツールを作成しましょう。サンドボックスを利用すれば、Domoの本番環境と同様の環境を使い、APIの機能を確認できます。

Domo feature developer sandbox connectors

Domo Business Cloudの機能を利用

最新のDomo BIプラットフォームは、データをより適切に統合、解釈、利用することにより、ビジネス全体で情報に基づいた意思決定を推進します。

データ統合

任意のソースデータを動的に統合、変換、調整します。

BIおよび分析

Domoのリアルタイムの予測分析により、アクションが加速します。

インテリジェントApp

独自のカスタムアプリを作成することで、ワークフローを自動化してアクティブ化することができます。

エンベット アナリティクス

データを社内外で共有し、顧客やパートナーとコラボレーションできます。

Domoを無料でお試しいただけます。
インストールも不要。最短5分でデータの接続と可視化が可能です。