2022/05/18

Domo、Dresner Advisory Services社の「クラウドコンピューティングとBI市場調査」にて6年連続1位に選出

Domo(本社:米国ユタ州シリコンスロープス)は2022年4月12日、Dresner Advisory Services社が実施した2022年の「クラウドコンピューティングとBI市場調査(Cloud Computing and BI Market Study)」において、クラウド型ビジネスBIベンダーの1位に選出されたと発表しました。

調査によると、クラウドBIを活用している企業数は2016年比240%増と史上最高水準にあり、そのような中、DomoのクラウドBI機能、クラウドアーキテクチャとセキュリティ、およびWebデータコネクターが評価され、6年連続となる最上位のベンダーに選出されました。Domoは、データの視覚化やアドホッククエリ、データの品質と準備、パーソナライズされたダッシュボード、そして主要なデータコネクターなど、現在の企業が求める最も重要な要件を満たしています。

■DomoのCEOジョン メラーのコメント
「クラウドはDomo創業当初からDomoのDNAに組み込まれている重要な要素です。クラウド型のDomoならば、企業競争力に必要なスピードとスケールでデータを活用できます。また、データをチャートやグラフのことだと考える時代は終わりました。誰もがアプリを構築して、データを簡単に扱えるようになり、その結果、場所を問わず、すべての人が現場でビジネスプロセスの改善や成果を上げることができる次世代のクラウド型BIへの期待が高まる中、Domoを提供できることを嬉しく思います。DomoのデータアプリとインテグレーションがModern BIの理想を実現できると実感していただけるでしょう。」

■ドーモ株式会社 プレジデント ジャパンカントリーマネージャー川崎友和のコメント
「日本では、株式会社富士キメラ総研が2021年8月に刊行した市場調査レポート『ソフトウェアビジネス新市場 2021年版』において、SaaS型BIツール国内市場シェアNo.1(2020年度)を獲得し(※1)、続いて米国においても、クラウド型BIのNo.1として評価され続けていることを嬉しく思います。
Domoはこれからも企業が求めるBI機能を満たし続けることで 企業のDX推進に寄り添うと共に、 企業のDX化を推進する『データアンバサダー』の活動を支援していくことで、『データの民主化』および『データ活用文化の定着』へ貢献していきます。」

■Dresner Advisory Services社のチーフリサーチオフィサーHoward Dresner氏のコメント
「Domoが6年連続でナンバー1クラウド型BIに選出されたことを心よりお祝い申し上げます。『クラウドBIは、重要または非常に重要である』と回答した人が、かつてないほど多数を占めたことからも、企業にとってクラウドBIの重要性は明らかです。」

Dresner Advisory Services社の「クラウドコンピューティングとBI市場調査」は、クラウドコンピューティングやBI関連テクノロジーの活用と導入に役立つ情報を利用者に提供しています。レポート(英語版)はDomoウェブサイトよりご覧ください。

■Dresner Advisory Services社について
Dresner Advisory Servicesは、独立系アナリスト、作家、講師およびビジネスアドバイザーであるHoward Dresner氏によって設立され、BIおよびその関連分野におけるソートリーダーシップの構築と共有に尽力しています。同社のWisdom of Crowds®シリーズの調査は、利用動向や導入状況、製品、ベンダーに関する収集データに基づいて毎年実施されています。

(※1)Domo、SaaS型BIツール国内市場シェアNo.1獲得の詳細については、下記をご参照ください:
https://www.domo.com/jp/news/press/domo-wins-no1-saas-bi-market-share

ドーモ株式会社について
ドーモ株式会社は企業向けクラウド型データ活用プラットフォームDomoを提供しています。
Domoは、すべての人々にデータ活用をもたらし、ビジネスを変革します。Domoは、従来のBI(ビジネスインテリジェンス)やデータ分析ツールとは一線を画し、ローコード開発データアプリケーション プラットフォームにより、特別な知識がなくともすべての人々がデータアプリケーションを作成でき、データに基づきアクションを起こし、ビジネス成果を上げることができます。完全統合型プラットフォームのDomoは、データ活用に必要な全ての機能をワンストップで提供し、数カ月以上かかっていた重要なビジネスプロセスをわずか数日で最適化することができます。

ドーモ株式会社では、DX成功に導くために、データ活用を全社に展開し企業文化として根付かせる重要なポジションとして、新たな役職「データアンバサダー」を提唱しています。ドーモはこれからも企業のDX推進に寄り添い、ナレッジベース、トレーニング、コニュニティー活動を通じて、有益な情報を発信し続けると共に、企業のDX化を推進する「データアンバサダー」の活動を全面的に支援していきます。

※ドーモ株式会社が提唱するDXを成功に導くための必須人材「データアンバサダー」について
ドーモ株式会社が提唱するデータアンバサダーは、DXの推進、データドリブンなビジネス環境の実現、データ活用に向けた企業文化の醸成に責任を持ち、データ人材と言われるデータエンジニア、データサイエンティスト、データアナリストではカバーできなかった新たな職務を担います。
データアンバサダーは、あくまでも「現場側」を向き、現場におけるベストな「データ活用」のあり方を「CDO」「CIO」「データアナリスト」らと連携しながら推進していきます。
日本企業においても、早い段階で「データアンバサダー」を任命し、変化の激しい市場環境に勝ち残れる体制を構築することで、より早くDXを軌道に乗せることができます。
データアンバサダーについてはこちらをご参照ください:
https://www.domo.com/jp/learn/data-ambassador-dx-project

ウェブサイト:https://www.domo.com/jp
Twitter:https://twitter.com/domojapan
Facebook:https://www.facebook.com/DomoJapan/

Domo, Domo Business Cloud及びDomopaloozaはDomo, Inc.の登録商標です。
本文中に記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。