2022/04/27

Domo、ガートナー社のマジック・クアドラント2022で分析およびBIプラットフォーム部門のチャレンジャーに選出

〜「ビジョンの完全性」と「実行能力」を評価〜

(米国報道発表資料抄訳: 2022年3月29日発表)
Domo(本社:米国ユタ州シリコンスロープス)は、ガートナー社のマジック・クアドラント2022において、分析およびBI(ビジネスインテリジェンス)プラットフォーム部門(※)の「チャレンジャー」に選出されました。

ガートナー社が発行している市場調査レポート・マジック・クアドラントでは、ガートナーのアナリストが特定のテクノロジー業界を調査し、ガートナーの評価基準に基づき、マーケットで競合しているプレイヤー各社を相対的に位置づけています。Domoは昨年に引き続き「ビジョンの完全性」と「実行能力」が評価され、「チャレンジャー」に選出されました。

■ガートナー社のコメント
「現在の分析およびBIプラットフォームは全般的に強化されおり、ユーザーはローコード/ノーコード開発で業務フローやアプリケーションを構築できます。 クラウドエコシステムとデジタルワークプレイスツールとの連携は、選択の重要な要素です。」

■DomoのCEOジョン メラーのコメント
「Domoはデータの民主化を目指し、企業のほんの一部でしかデータを活用できない従来のBIに挑戦しています。Domoプラットフォーム上に構築されるデータアプリは、組織内のあらゆる役職や業務内容に対応できるため、すべての従業員が場所を問わず、それぞれの現場でデータを活用して業務を行うことができます。Domoのデータアプリが従来のBIと異なるのは、データをワークフローや仕事が行われている現場だけでなく、社内のソフトウエアアプリケーションに埋め込むことや、お客様やパートナー企業との共有を可能にした点です。これからもDomoは、Domoプラットフォームとデータアプリの機能を強化して、あらゆる業種のデジタルトランスフォーメーションの促進とお客様の企業価値向上に貢献していきます。」

ガートナー社のお客様評価レポートによると、分析およびBIプラットフォーム部門でDomoユーザー94パーセントがDomoを推奨しています。(2022年3月24日より過去12か月の72レビューに基づく)

ガートナー社が発行している市場調査レポート・マジック・クアドラント2022の分析およびBIプラットフォームの詳細(英語)について、こちらよりご覧ください。

※ガートナー社が発行している市場調査レポート・マジック・クアドラントの分析およびBI(ビジネスインテリジェンス)プラットフォーム部門は、Austin Kronz、Kurt Schlegel、 Julian Sun、David Pidsley、 Anirudh Ganeshanにより、2022年3月22日に公開されました。

ガートナー免責事項
ガートナーおよびマジック・クアドラントは、米国およびその他の国におけるGartner, Inc.の登録商標またはサービスマークであり、許可を得たうえで使用しています。無断転載を禁じます。
ガートナーは、リサーチ出版物に含まれているベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではなく、またテクノロジーユーザーに対して、最高のレーティングを受けたまたは他の指定を受けたベンダーを選ぶように助言するものではありません。ガートナーリサーチ出版物は、ガートナーのリサーチ組織の意見であり、事実の記述として解釈されるべきものではありません。ガートナーは、本リサーチに関して、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、一切の保証を行わないものとします。

ドーモ株式会社について
ドーモ株式会社は企業向けクラウド型データ活用プラットフォームDomoを提供しています。
Domoは、すべての人々にデータ活用をもたらし、ビジネスを変革します。Domoは、従来のBI(ビジネスインテリジェンス)やデータ分析ツールとは一線を画し、ローコード開発データアプリケーション プラットフォームにより、特別な知識がなくともすべての人々がデータアプリケーションを作成でき、データに基づきアクションを起こし、ビジネス成果を上げることができます。完全統合型プラットフォームのDomoは、データ活用に必要な全ての機能をワンストップで提供し、数カ月以上かかっていた重要なビジネスプロセスをわずか数日で最適化することができます。

ドーモ株式会社では、DX成功に導くために、データ活用を全社に展開し企業文化として根付かせる重要なポジションとして、新たな役職「データアンバサダー」を提唱しています。ドーモはこれからも企業のDX推進に寄り添い、ナレッジベース、トレーニング、コニュニティー活動を通じて、有益な情報を発信し続けると共に、企業のDX化を推進する「データアンバサダー」の活動を全面的に支援していきます。

※ドーモ株式会社が提唱するDXを成功に導くための必須人材「データアンバサダー」について
ドーモ株式会社が提唱するデータアンバサダーは、DXの推進、データドリブンなビジネス環境の実現、データ活用に向けた企業文化の醸成に責任を持ち、データ人材と言われるデータエンジニア、データサイエンティスト、データアナリストではカバーできなかった新たな職務を担います。
データアンバサダーは、あくまでも「現場側」を向き、現場におけるベストな「データ活用」のあり方を「CDO」「CIO」「データアナリスト」らと連携しながら推進していきます。
日本企業においても、早い段階で「データアンバサダー」を任命し、変化の激しい市場環境に勝ち残れる体制を構築することで、より早くDXを軌道に乗せることができます。
データアンバサダーについてはこちらをご参照ください:
https://www.domo.com/jp/learn/data-ambassador-dx-project

ウェブサイト:https://www.domo.com/jp
Twitter:https://twitter.com/domojapan
Facebook:https://www.facebook.com/DomoJapan/

Domo, Domo Business Cloud及びDomopaloozaはDomo, Inc.の登録商標です。