Macnica

コアビジネスである電機・電子機器メーカーなどへの半導体製品供給のほか、ネットワーク関連機器やセキュリティサービスなどを提供するITベンダーとしての顔を持つ。特に車載用半導体の領域では、過去11年間、市場の平均成長率の4倍(*ある市場調査会社の数字にもとづく)にも相当する成長を継続。そうした強みを1つの原動力に、今後IoT(Internet of Things)分野でのビジネス展開にも積極的に取り組んでいこうとしている。

お客様のホームページ:

macnica.co.jp

産業分野:

商社

Domo に接続しているデータソース:

Oracle

Oracle

SugarCRM

SugarCRM

Google Analytics

Google Analytics

Jira

Jira

“改善アクションに即座につながる経営情報のレポーティングには、Domoの活用が不可欠だと確信しています”

渡辺 史郎 氏 | 執行役員 海外投資企画室 室長

導入結果

先行指標にもとづく対策の立案、詳細の深堀りがリアルタイムで自在に

"現在、海外拠点ごとに異なるシステムのデータをDomo上へと統合し、可視化された最新のビジネス状況を日次更新するまでが自動化されています。そのため、経営者は自社のビジネスの健康状態をリアルタイムで把握し、先行指標にもとづいて早期に必要な対策を打つことができるようになりました。

「売上や営業利益、粗利などのビジネスの全体像がつかめる情報はもちろん、個別商品別の販売単価や販売粗利、さらには売上の多いトップカスタマーなどの情報をチャート化し、課題の特定や対策の立案に必要な詳細情報も容易に得られるようになりました。拠点別、国別、あるいは月ごと、期ごとなど、柔軟に視点を切り換えながらビジネス状況の把握を月次から日次へ、ほぼリアルタイムで行なえます」(渡辺氏)

このようなリアルタイム性と、レポートの柔軟性を実現しながらも、各国拠点のデータ統合や可視化に関わる作業工数は80%も軽減されました。"

Domoはデータに基づく改善アクションを推進するプラットフォーム

"マクニカでは、売上や利益の目標達成に何か課題がある場合に、早期に原因を究明することはもちろん、最新のデータを関係者に共有し、対策を打つためのコミュニケーションを行なうためのビジネス最適化プラットフォームとしてDomoを活用しています。

「例えば営業成績が悪い時に、数字達成のためにどうすべきかをDomo Buzz(チャット機能)でモバイルから担当者に確認します。Domoは、最新データにもとづいた改善のためのアクションを推進できる、絶好のプラットフォームです」(渡辺氏)

こうした一連の取組みは個々の従業員に対し、ビジネス上の“数字” に対する意識を高めることにも大きく貢献しているといいます。"

一人ひとりのパフォーマンスを最適化するために

"海外拠点のタイムリーな改善アクションを前提とした経営情報管理を実現したマクニカでは、今後、経営層視点だけでなく、営業担当者一人ひとりのパフォーマンスを最適化すためにもDomoを積極的に活用する予定です。

「経営層、現場を問わず、データから得られる知見にもとづき、正しい経営判断を下すという視点で、Domoの右に出るツールはありません」(渡辺氏)"

結論

海外拠点の営業、マーケティング、ITに関わる全KPIの全体像の把握から、先行指標にもとづく対策の立案、詳細の深堀りが自在にできるようになった。また、多くの手作業を自動化したことから視覚化の準備やメンテナンスの工数が80%軽減され、データ更新頻度も月次から日次になった。さらに、時間と場所を問わず、経営層と現場間のデータにもとづくコミュニケーションがリアルタイムで可能になり、即座に対策を打てるようになった。

成功事例をダウンロード

Domo の活用方法を実際のデモでご覧ください。

ご登録後、すぐにデモムービーをご覧いただけます。

Domo requests your consent to send you email communications. Please customize your Domo experience:

By selecting "YES" and clicking "Submit", you agree that Domo, Inc. and its representatives may contact you at the email address provided. You may unsubscribe, or view our Privacy Policy, at any time.